ホーム > 私たちのこと > ニランジャナスクール

ニランジャナスクール Niranjana Public Welfare School

ニランジャナスクールは、当時18歳だったシッダルタ・クマルが、

周辺の村々の子どもたちを集めてはじめた学校です。

自分が生まれ育った村の貧困解決のために、

未来を担う子どもたちへの教育が、何よりも大切だと考えました。

 

 

創設者 The founder/directer

シッダルタ・クマル Siddhartha Kumar

1979年、ビハール州ブッダガヤ生まれ。幼少時代は、貧しかったため学校に行くことができなかった。カルカッタへ出稼ぎに行った際、マザーテレサの言葉に後押しされ、自分の生まれ育った村に戻ってニランジャナスクールを始める。

 

 

Was born in 1979 in Bodh Gaya.

Couldn't study at school because of poorness. Went to Calcutta city to earn money when he was small. And so Mother Teresa  encouraged him to do something for his home village. Moved back to Bodh Gaya, and started Niranjana School.

 

 

校長先生 The school principle

ディベンドラ・パタック Devendra Pathak

1972年、ビハール州ブッダガヤ生まれ。大学院を卒業後、シッダルタ・クマルに声をかけられ、校長としてニランジャナスクール創設初期から携わる。現在は、現地プロジェクトリーダーを兼務。通称「プリンシパル」。

 

 

Was born in 1972 in Bodh Gaya.

Went to a graduate school and have been working with Siddhartha Kumar since the school began. Is the school principle and also a leader of many projects for poverty people in the school area.

 

 


学校の概要

●生徒数・教師数

スジャータ村本校 生徒:348名/先生:13名

ニーマ分校    生徒:180名/先生:4名

ゴンガリア分校  生徒:60名/先生:1名

 

●教科

算数、科学(物理・化学・生物)、コンピュータ、

社会教育※1、一般教養※2、道徳、

ヒンディ語、英語、サンスクリット語、

体育、音楽、美術

※1:インド国内の地理・歴史

※2:世界の地理・歴史・文化

 

●クラス

プレナーサリー、ナーサリー、L・K・G、U・K・G(幼稚園)

クラス1~9(小・中学校)

シニアクラス(高校の補習クラス)

 

(2012年6月現在)


現地のプロジェクト紹介

学校プロジェクト Free School Project : Niranjana Public Welfare School

1998年創設。ブッダガヤ周辺の17の村々から最貧困層の子どもたちを集め、13年間の教育を無償で提供しています。教育理念は『compassion and reality of life(思いやりをもって)、よりよい人生を歩むこと)』。

 

Established in 1998. Poor children from 17 villages around Boddh Gaya come to the school. 13 years education is given for free toward them. The education concept is "compassion and reality of life".

 


孤児プロジェクト Orphans' hostel

親がいなかったり、親に障害があったり、きょうだいが多くて育てられないなどの理由で、家庭で生活していくことが困難な男児26名が孤児院にて集団生活を送っています。
※周辺の村々には、今もなお100名以上の孤児がいます

 

26 male children live together at a shelter. Some of them lost their parents, and some were sent because the parents couldn't raise with some reasons such as there were too many children in a family and the parents were sick.

 


無料診療所 Community health center

週に3回、旧校舎にてボランティア医師が村びとを診察。患者は1日60~80人、多いときは100人以上。雨季に、川が増水して渡れないなど交通手段が限られ、来られない患者もいます。(初診料は14円、再診料は10円と設定しているが、特に貧しい患者からは受け取っていません)

 

Voluntary docters see villages' people three times a week. Around 60 or 80 patients, however sometimes over 100 patients, come to the health center for a day. It's set 14 yen for the first visit and 10 yen after that, however they don't take any free from poverty people.

 


裁縫プロジェクト Women's sewing center

裁縫技術を通した女性の自立支援を目的に、バサリ村でスタート。スジャータ村と合わせて、現在の生徒数約102名。針刺繍や足踏みミシンを使った製品の生産を行っています。日本のサポート団体「nimai-nitai(ニマイ・ニタイ)」「チーム ピース チャレンジャー」より購入可能です。
*nimai-nitai(ニマイ・ニタイ) http://www.nimai-nitai.jp/index.html
*チーム ピース チャレンジャー http://peace3hse.com/

 

It started for women's empowerment. There are around 102 women learning sewing. They produce embroideries and manufactures made by pedaling sewing machines. The products are sold in Japan through supporting groups named "nimai-nitai" and "Team Peace Challenger".
*nimai-nitai http://www.nimai-nitai.jp/index.html
*Team Peace Challenger http://peace3hse.com/

 

 

コンピュータ教室 Computer classes

村の若者を対象に、職業訓練を目的として始まったプロジェクト。半年かけてコンピュータの成り立ちから基本的なソフトウェアの使い方、インターネットやメールのやり方を学びます。これまでに200名が受講。

 

The project was started toward the youth of villages for job and career training. Students take a half year to learn structures of computer, how to use basic software and internet. 200 students have taken the computer classes till now.

 


NPO法人 ニランジャナセワサンガ

ニランジャナスクールを支援する日本のNPO法人。

孤児院の里親支援をはじめ、学費支援(奨学金制度等)、物資支援、

日本でのイベント出店などを行ない、スクールの運営を支えています。

お問合せ、資料請求は下記まで。

 

大阪府大阪市西区北堀江1-3-7 倉商ビルB1F インドレストランShama内

Tel & Fax:06-6536-6669

E-mail:info@npws.org

ウェブサイト:http://npws.org/jtop.html

Facebookページ:http://www.facebook.com/niranjana.sewasanga

 

 

トップ

What's New

ここには全ページに

共通の項目が表示されます。

 

<利用例>

What's New!

 

<利用例>

お問合わせはこちらから